読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

the glue

やってみたことで忘れそうなこと、役立ちそうなことなどをまとめています。たまに何気ない日常の話もします。

Raspberry Pi に nginx をインストールしたときのメモ

Linux Mac WebSocket Raspberry Pi

用意したもの

  • Raspberry Pi model B

今買うなら Raspberry Pi2 model Bがいいですかね

自分は初代model Bしか持っていませんが、シングルコアのmodel Bだとそれなりに時間がかかります。

経緯

  • nginxをWebSocketのリバースプロキシとして使いたい
  • Raspberry Pi(Raspbian)でnginxを使いたい
  • 普通にapt-getでインストールしたらv1.2.1だった(WebSocketのリバースプロキシに非対応)

やること

作業

  1. apt-getで入れたnginxを削除する
    $ sudo apt-get remove nginx

  2. nginx公式リポジトリの鍵を登録する
    $ wget -O - http://nginx.org/keys/nginx_signing.key | sudo apt-key add -
    始めはバイナリが入ると思ったからやったけどどうせビルドするならいらないかも

  3. nginx公式のリポジトリを登録する
    $ sudo sh -c 'echo "deb http://nginx.org/packages/debian/ wheezy nginx" >> /etc/apt/sources.list'
    $ sudo sh -c 'sudo echo "deb-src http://nginx.org/packages/debian/ wheezy nginx" >> /etc/apt/sources.list'

  4. インストール
    arm用のパッケージが配布されていないので、ソースからビルドしてパッケージをつくっちゃう

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get build-dep nginx
$ sudo apt-get source nginx
$ cd nginx-1.6.2 # バージョンに応じて
$ sudo dpkg-buildpackage -uc -b
$ sudo dpkg -i nginx_1.6.2-1~wheezy_armhf.deb

参考

nginx: Linux packages